BLOG

こんばんは、リベラムジカ音楽教室のTOMOYOです♪


ピアノを弾くときの身体の使い方、

みなさんどれくらい意識していますか。


私が子どもの頃、

先生に腕や肘、姿勢について注意されましたが

どれも全然しっくりきませんでした。


なんか弾きにくいな~

こんな広い和音とか、音程幅のあるメロディーをレガートとか、

無理じゃね?!


くらいに思っていました。笑


大学以降、かな~~~り長い間、

あ~でもない、こ~でもない、


なんで弾けない、

なんでうまくならない、

とずっと感じていました。


転機が訪れたのは、ロンドンに留学時のレッスン・・・


どうやって指から背中にかけて動かしたら良いかわからない、


と正直に伝えたところ、

まぁ懇切丁寧に教えてくれました。


このトピックは実際のレッスンで伝えるのも相当時間がかかりますが、

簡潔に3つで説明するとしたら、


1.重力

2.芯のある柔軟性

3.手首と肘の回転


です。


重力というのは、もうそのまま、

腕を上げて力を抜くと自然にストンと落ちる力のことです。

重力に従って落ちるときの、このスピードと力を演奏に利用します。

とは言っても、ただ全部の力を抜くとふにゃふにゃになりますので、

各指の1点をダイヤモンド並みの硬さがあると思って弾いてください。


指先ダイヤ、それ以外はパスタです。(ロンドンの先生が仰っていた)


音がハマったときは、確実な手ごたえを感じると思います。

そして音が確実に変わります。


音に硬さがあるとお悩みの方は、

重力を使って和音を弾く実験をしてみてください。

だんだんとコツがつかめてくる思います。

お試しあれ!



次回は、2と3の説明をします^^


ピアノの練習をするとき、まず何をしますか?


譜読みして、

音を読み、指使いを考え、

実際に指を鍵盤上に滑らせていく。



もちろん誰もがこの過程を経ると思います。

でも、実際に音を出す前に、



どんな音をつくりたいか、

どんな流れを作っていきたいか、


って考えてますか??


演奏を始める前に、身体的なことだけでなく、

まずどんな音を出したいかを感じるのかがとても重要です。


ピアノの練習は、指や腕の鍛錬にあるのではありません。

まず、つくりたい音楽があって、

細部の音色やフレーズを詳細にイメージし、

イメージ通りの音楽を出せるように身体と頭を鍛えていくのが、

ピアノの練習です。



練習の目的は、「あなたがつくりたいもの・表現したいもの」

その手段として、身体の訓練があるんです。

最初のうちはどうしても指や腕の強化に時間がとられるので、

筋トレ的な方向に思考が向いてしまいますが、


目的と手段を間違えてはいけません。



どんなに正確に、楽譜に忠実に演奏ができても、

音楽に魂が宿ってなければ感動する演奏にはなりえません。



音色をつくる練習として、

その日の気分でひとつの音か和音を選び、

いろんな表情の音をつくってみてください。


まず、イメージして・・・


音を出す。


よーくきいて、


その音が自分のイメージ通りになるまで、


指の角度や腕の重さ、スピード感やタッチの深さを研究してみましょう。



指だけで出す音、

腕の重さと筋肉の動きをつけた音、

硬い音、柔らかい音、明るい音、暗い音。



耳を澄ませてよく聞いたら、

鍵盤の微細な違いが大きな違いとなって響いてくるのを実感できるでしょう。





こんにちは、リベラムジカ音楽教室のTOMOYOです^^


今日は、たまにお聞きするご質問、

「レッスンで上手くなりますか?」


うーん、、、

そうですねぇ・・・



お家でどれだけ練習するかによりますね・・・

(身も蓋もない・・)




そもそも、レッスンて、皆さんはどのようにお考えでしょうか。


私としては、レッスンは、

「練習の方向性をたしかめ&修正してもらったり、アイディアを話し合ったり、

 人前で弾く機会」

と考えています。



少なくとも、レッスンは”ピアノの練習”をする場所ではありません。

練習はお家でするもので、

レッスンは自分のなかの小さい発表会みたいなものです。




1週間の間、習ったことを自分なりに咀嚼して練習改善し、

次の週に、自分の成果発表をして

目指したい方向性とあっているか確かめる。

レッスンは、そんな場だと思います。




もちろん、小さいお子様や初心者の方には、

練習の仕方や習慣のつけ方、

レッスンでやることと、

お家でやることなど、

勉強の仕方から、レッスンの中でお伝えします。




でもそれは最初の段階までで、

ある程度身についてきたら、

ひとりで自学しなければなりません。



生徒さんの中には、

先生とおしゃべりするのが好きでレッスンに来ている、

という子(大人の方も)いらっしゃいます。



それが息抜きになっているのなら、

それはそれで良いとおもっていますが、

せっかく時間とお金を使ってレッスンに通うなら、



なにかひとつでも、”できた!わかった!面白い!”を

実感してもらいたいなぁ~~~

としみじみ思っています。



達成感やAHA!体験には、

どうしても事前の練習が必要です。



無理して頑張らなくても良いのです。

一か所だけ、1フレーズだけでも練習したら

次のレッスンでなにか得るものがあります。



最初の質問の答え、正直に言うと、

「レッスンだけで上手くなるのは無理」です。



なので、どうか、

練習してくださいね♪♪



こんにちは、リベラムジカ音楽教室のTOMOYOです^^


今日は、みんなが気になる”練習”について・・・


当たり前ですが、ピアノや英語、スポーツやお料理など、、

練習をしなければ上達しませんよね。


みなさん、日頃どれくらい練習されていますか?


この時間練習すればok!という基準はありませんが、

ピアノの場合、

やはり少しでも、毎日触るほうが良いですね。


脳に何度も何度も”正しい”情報を送ることで、

目、耳、指さきから腕、背中、姿勢など、

脳が受け取った情報を処理して再指令を出す情報伝達速度が

スムーズになるからです。


これイコール、ピアノがうまくなる、です。


みなさんも経験から感じていると思いますが、

脳って、一度に大量に詰め込んだものより(一夜漬けとか)、

長期間にわたって少しずつ覚えこませたもののほうが、

定着するんですよね。


なので、週に7時間練習するぞ!と決めた場合、

一日で詰め込むより、

一日1時間ずつに分けて練習するほうが断然効率が良いのです。


ただし、ここで気をつけることがあります。

”正しい”情報を脳に送ることが重要なんです。



ピアノの練習でよくありがちなのが・・・

・ただ弾く→間違えても無視して弾き続け→最後まで弾けたら終わり。


あ~~~、もったいない!



これだと毎日練習しても一向に間違いは直りません^^;

むしろ、ここで間違える、というのを脳に覚えこませている状態・・

(だって脳はどの情報が正しいかを選別できませんから。。。)



せっかく毎日練習するなら、


間違えやすいところを取り出して、

ゆ~っくり、正しく弾けるテンポまで落として繰り返し、

徐々にテンポアップしていきましょう。


ここに時間をかけましょう。


ゆっくり丁寧に、遅いテンポで練習することで、

脳と身体のシンクロがスムーズになり、だんだんテンポが上がって弾けるようになります。


なお、音だけでなく、指のフォームや、

指と連動して動く筋肉にも注意を払うと、

テンポが速くなっても身体が自然についてきますよ。


ぜひ意識において、練習をしてみてくださいね。^^





ちなみに・・・


私が小学生のとき、大の練習嫌いでした^^;

ゲームや漫画やアニメが好きで(オタクか~)、

お友達とも遊びたいし、

練習はどうにもやる気が起こらず、

なかなか自分ではピアノに向かえなかったです;;


母が毎日、しつこく、これでもか、というほど、

「練習したの?」

と聞いてくるのが苦痛でした^^;


「もうやったもん!」とか言って

当時は母と喧嘩ばかりでしたが、

いまとなっては、口酸っぱく言って、

練習の習慣をつけさせてくれたことに感謝しています。





こんにちは、リベラムジカのピアノ講師、TOMOYOです^^


私とクラリネット講師のフルヴィオは、

不定期にデュオの演奏を録画&公開しています。

今後は少しずつ、こちらにもご紹介していきます♪♪


今日の一曲は、ショパン練習曲Op10-2 です。


もともとピアノの練習曲ですが、

クラリネット用にアレンジされています。

ピアノで弾いても難しいですが、

これをクラリネットで吹いてしまうとは・・・!?


最初から最後まで息継ぎなし、

循環呼吸という奏法を使って吹いているそうです!


どうぞお楽しみください^^





どんな先生なんだろう、

どんな教室なんだろう、

どんなレッスンを受けられるんだろう・・・


レッスンはマンツーマンだからこそ、

レッスンの進め方や先生との相性がとても大切。


リベラムジカ音楽教室では体験レッスンを実施中です。

 -開講楽器  ピアノ  

 -料金    ¥500- (おひとり様1回まで)

 -開講曜日  金曜日・土曜日 

 -所要時間  30分程度



【体験レッスン申し込み方法】

お問合せのページから体験レッスン希望の旨、希望の楽器と

体験レッスン希望日時を第3候補までお知らせください。

内容確認後、3営業日以内にご返信いたします。



体験レッスンでは、生徒様のご希望をしっかりお伺いし、どのようなレッスンが最適かをご提案致します。

疑問やご不安な点は遠慮なくお話ください。

皆様のお越しをお待ちしております。


こんにちは、リベラムジカのTOMOYOです^^


前回はピアノを始める年齢について書きました。

今日の楽器は、クラリネットです♪

何歳くらいから始めるのが最適だと思われますか?


まず、クラリネットはどんな楽器でしょう。


クラリネットは木管楽器に分類され、

リードという薄い木の板をマウスピースにつけ、

豊かな息を吹き込んで音を鳴らす楽器です。


1本の筒状の楽器ですが、

いくつかのパーツに分解してケースに収納します。

リードをマウスピースにつけるのもコツが入り、

変な取り付け方をすると音が鳴りません。


さらに、譜面に書いてある音と、

実際になる音は一致しません。

なんのこっちゃ?と思いますか?笑


簡単に説明すると、

クラリネットは、主に、B♭管とA管があり、

B♭管で、譜面上の"ド" を吹くと、

”シ♭” が鳴り、

A管で"ド" を吹くと、

”ラ” が鳴るんです。


ピアノで弾いたら、”ド” は ”ド” です。

でもクラリネットで”ド”を吹いたら シ♭や、ラ が、

鳴るんですね~。


そう、

クラリネットはとっても複雑。


ピアノは楽器の前に座って、鍵盤を弾くだけで正しい音が鳴りますが、

クラリネットはまず組み立てから行わなければならず、

これができるのは小学校中学年以上の年齢になります。


学校でリコーダーを吹く年齢になれば、

クラリネットはスムーズに始めることができると思います^^









「こどもにピアノを習わせるのは何歳からが良いですか?」

このような質問をいただくことがあります^^


答えは、、、


”お子様が音楽に興味を示したとき!”


大人も子どももそうですが、

まず大事なのは、”やりたい”と興味を持つかどうかです。


おうちで音楽をかけていたら身体を動かしている、

歌を真似してみたり、

何かを叩いて音を出してみたり、

そんなサインがあったら音楽に好奇心が沸いてきているかもしれませんね^^


しかし、何事にも最適なタイミングがあるように、

ピアノを始めるのが早ければ良いというものでもありません。


やりたいときに始めるのが一番ではあるのですが、

私の意見では、

4~5歳がピアノを始める最適な年齢だと考えています。

身体も大きくなって筋力も上がってきますし、

先生とのコミュニケーションもとれるようになります。

また、この頃からピアノを習うと、

絶対音感が身に付く可能性が高く、

脳のワーキングメモリも鍛えられ知能が向上するなど、

たくさんのメリットがあるからです。


2~3歳のお子様の場合は、まだ身体が小さく筋力も弱いので、

”ピアノを弾く”のはまだもう少し待ってほしいです。

ピアノの前に座っていられる時間も限られるので、

2~3歳のお子様がなにか音楽を習い始めたい場合は、

音楽の基礎を遊びながら学べる”リトミック”がおすすめです。


(リトミックは、歌ったり、踊ったり、絵を描いたりしながら、

音楽を体感するので、リズム感や音感が良くなりますよ^^)


一方、小学生以上の年齢はどうかというと、

いつ始めても大丈夫です。

学校に通い始めて、勉強のやり方もわかっていますから、

ピアノが好きな子であれば自分から練習するでしょう。


ちなみに、、、

将来的にプロを目指し、音大進学を考えるのであれば、

3~4歳までにリトミック、

5~6歳までにピアノを本格的に始めるのが

リミットの年齢ではないかなと思います。



お子様に楽器を習わせてあげたい方は、

ぜひ参考にされてくださいね。






こんにちは、リベラムジカ音楽教室のTOMOYOです。


新学年の始まる4月、

当教室でも新規生徒様を募集中です♪^^

春爛漫、新しいことを始めるのにぴったりの時期!


★ピアノレッスン(対面)

開講曜日:土曜日


★クラリネットレッスン

固定曜日なし、ワンレッスン制


オンラインコースのモニター様も募集しています。

お気軽にお問合せくださいね!

こんにちは♪

本日はレコーディングをしてきました。


録音もコンサートも、どちらも「演奏」をしますけれども、

演奏中の感覚は大いに異なります。


お客様を前にする演奏は、たとえ言葉を発しなくても、

演奏者と聴衆間にコミュニケーションがあり、

演奏側はかなりパワーが発揮できます!

空間と人のパワーで、音楽がより豊かになるような経験を何度もしています。


一方スタジオ録音はというと、

相手がマイクとカメラのみ(技術者さんは別室にいることが多い)で、


納得のいくテイクができるまで何度も何度も何度も

演奏を録りまくることが多いです。


奏者によってタイプは様々なので、

スタジオでの空間のほうが自由に表現が可能、

という方もいらっしゃると思いますが、

やはり聴いていただけるリスナーあっての音楽だな、と日々思います。


今日は、聞いていただく方を想像しながら、

レコーディングに励んだのでした♪





みなさま、こんにちは!

本日はピアノ講師のご紹介です。イギリス・ロンドンにあるRoyal Academy of Music にて学び、英語も堪能なピアノの先生です♪ ピアニストとしても現役活動中♪ 初心者のかたから、上級者の方まで、個性を大切にしたレッスンをしています。


丸山智代 (まるやま ともよ)


埼玉県出身。埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科卒業。武蔵野音楽大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。その後、渡英。英国王立音楽院演奏修士課程ピアノ伴奏コース修了。音楽演奏修士を取得。ピアノを赤間亜希子、堺康馬、James Beillieu、Benjamin Engeli、室内楽をMichel Dussek、Eric colon、ドイツリート伴奏法を子安ゆかりの各氏に師事。在学中にBengt Forsberg、Arnulf von Alnim 各氏のマスタークラスを受講。近年はピアノ伴奏および室内楽を中心に演奏活動をしている。2018年秋よりオーストリアに滞在し、2019年10月に帰国。直近の活動の主なものは、オペレッタ「こうもり」コレペティトゥア(オーストリア)、ドヴォルジャーク合唱曲「スタバトマーテル」練習ピアニスト(オーストリア)、クラリネット とのデュオリサイタル(イタリア)、小学校公演「魔笛」ピアニスト(オーストリア)、Music China ピアノデモンストレーション(上海)、Yijia Zhang ヴァイオリンソロアルバム 録音参加(ロンドン)など。

これまで、声楽(オペラアリア・重唱、歌曲)、クラリネット およびヴァイオリンとの演奏経験が豊富。